2018年06月25日

【世界の手仕事布をめぐる旅展vol.2 中部ジャワのバティック〜がらの魅力を制作工程と共に〜】ありがとうございました。

バティック展no.7.jpg

今回は池田でバティック教室を主宰されている渡辺智子さんが現地で蒐集された中部ジャワバティックを
約20点展示させていただきました。


バティック展no.2.jpg バティック展no.8.jpg

道具の種類、使い方、また制作過程のご紹介を皆さまに合わせてご紹介しました。
1枚だけチャップ(型押し)で制作されたバティックもありました。
とても丁寧に制作されているバティックで、手描きのバティックに見えてしまうほどです。



バティック展no.6.jpg


一部のバティックでは一部ロウ描きも展示しました。
これをみるとどんな風にロウ描きされたのか、1枚のバティックを仕上げるのに
たくさんの時間をかけて制作されていることもわかりとても勉強になりました。
3時間ほどでサラサラっと描かれる渡辺智子さんに脱帽です。


バティック展no.12.jpgバティック展no.11.jpg
バティック展no.9.jpgバティック展no.10.jpg


今回、大きな出来事が会期中にありました。
すべての人がどうか一日でも早くいつもどおりに過ごせる毎日に戻れますように。。
そしてご心配いただいた皆さま、ありがとうございました。

その中で手仕事布が好きな方々に中部バティックをご紹介できた
13日間(1日は地震にて臨時休業)でした。

いつもどおり過ごせることの大切さも実感しながら、
少しでも好きなことで時間を過ごせるということが
とても大切だということも実感しました。

大好きなこと・ものを人に話したり、または聴いたりしているときは、
その人自身が美しくキラキラと素敵にみえる瞬間のひとつでした。

お越しいただいた皆さま、
お話やワークショップへ参加された皆さま、
Blogをご覧になってくださっている皆さま、

オープニングで、着付とお話をしてくださったジャワ舞踊家の冨岡三智さん、
ワークショップのおやつを作ってくださった みくり食堂さん、
そして最後になりましたが、
たくさんの貴重なバティックの展示とその過程を準備してくださった渡辺智子さん、
ありがとうございました。


次回の「世界の手仕事布をめぐる旅展 vol.3」は秋ごろの予定です。
夏の特別展も企画しておりますので、またご案内いたします。

明日6月27日より、梅田阪急百貨店さんで
「日本インドネネシア国交樹立60周年記念 バティックと日本ーBatik & Kimono-」が
7月2日まで開催されます。ぜひご覧ください。




posted by tane at 18:37| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする