2018年07月15日

【夏の特別企画 ばけもの 展】 参加アーティストのご紹介 務川めぐみ/MUKAWA Megumi  さん

次のアーティストは、務川 めぐみ さん。
彼女とは共通の友人から、きっと気が合うはず。。と
言ってお会いしてから、いつも刺激をもらう方のひとりです。


夏のばけもの展no.11.jpg

「雷になろうとした骨の話」 


版画家。

一圓達夫.上杉猛.両氏に師事

わたしにとって「ばけもの」とは何かの余韻。
名残りを纏うモノノケたちです。

不気味で愛らしく、
ひっそりと慎ましいモノノケたちと
共に生きている友人がたくさんいます。

自身は木版制作でつかう道具であるバレンの付喪神と暮らしています。
わたしが死んだのちも、
いつまでも健やかに付喪神であり続けてほしいというのが、
願いです。

http://mukawamegumi.com



在展予定:未 定




posted by tane at 18:49| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

【夏の特別企画 ばけもの 展】 参加アーティストのご紹介 本多 絵美子さん

次のアーティストは、本多 絵美子さん。
初めてお会いしたワークショップのときに楽しそうに木を彫ることを
お話してくださった姿が印象的でした。
今回一番遠方からの参加です!


夏のばけもの展no.10.jpg
夏のばけもの展no.9.jpg


 彫刻家。


モチーフは虫から動物・爬虫類など様々な生き物。
木を彫る技法を通じて、
生き物と場所との関係性をテーマに木彫を制作。
個展やグループ展の他に、
講師としてワークショップを行い、
木を彫る喜び、
普段触れることのない生き物を観察する楽しさを
伝えられる様な活動も展開している。


在展予定:ありません












posted by tane at 15:56| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

【夏の特別企画 ばけもの 展】 参加アーティストのご紹介 ZUVALANGAさん

次のアーティストは、ZUVALANGAさん。

いつも楽しそうなふたり。。元気をいただいています!!
いったいぜんたいどんなばけものを考えているのか。。。

夏のばけもの展no.6.JPG
夏のばけもの展no.7.JPG夏のばけもの展no.8.JPG

ワイヤー&ビーズアート作家。

 
『ZUVALANGA(ズワランガ)』はショナ語(ジンバブウェ)の太陽「ZUVA」、
ズールー語(南アフリカ)の太陽「LANGA」の意。
私たちが愛するジンバブウェと南アフリカの大地に昇る太陽を表している。
太陽に集い、太陽に笑う美しい生きものたちの世界を表現し続けたい。


2011~2014、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ滞在。
2011年、南アフリカで活躍するジンバブウェ人のワイヤー&ビーズアート(以下「ビーズアート」)
アーティストたちに出会う。彼らのもとを訪ね、ビーズアートを学び始める。

アフリカで見た自然の壮大さ、出会った野生動物たちの美しさ。
そんなアフリカの魅力と生きものたちの多様性をZUVALANGAらしく
ビーズアートを通じて表現したいと思い、日々、もの作りをしている。

在展予定:未 定

posted by tane at 16:28| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする