2018年09月27日

【世界の手仕事布をめぐる旅展 vol.3  ルーマニアのWOOL 展】『トランシルヴァニアの春夏秋冬の暮らし』のご案内


手芸研究家 谷崎聖子さんのトランシルヴァニアの暮らしと手仕事の季節を感じるお話と
ご友人の演奏によるハンガリーの伝統楽器テケルーの響きをお楽しみください。

201811ルーマニアのWOOL_TS1.jpg201811ルーマニアのWOOL_TS5.jpg
201811ルーマニアのWOOL_ TS2.jpg
201811ルーマニアのWOOL_TS4.JPG
201811ルーマニアのWOOL_TS7.jpg201811ルーマニアのWOOL_TS6.jpg
201811ルーマニアのWOOL_TS11.jpg
201811ルーマニアのWOOL_TS12.jpg
撮影:谷崎 聖子/テケルー撮影:松山 純

『トランシルヴァニアの春夏秋冬の暮らし』

ルーマニア西部トランシルヴァニア地方。
ここでは古きよきヨーロッパの文化が今なお人々の心に、
生活に根付いているところ。
秋のブドウの収穫祭に、真冬のクリスマス、冬の終わりの謝肉祭(カーニバル)、
春を迎えるイースター、夏のハーブ摘みにキノコ狩り、
ジャムや夏野菜の保存食つくりなど・・・。

トランシルヴァニア在住10年の手芸研究家が
秋、冬、春、夏・・・とめぐりめぐる一年の暮らしをお伝えいたします。


日 時:10月27日(土)15:30~17:00  ※開場・受付は15:20~となります。
参加費:1500円(お土産付)

大変申し訳けございません。定員となりました。10 /16現在

『トランシルヴァニアの春夏秋冬の暮らし』へ参加ご希望の方は、
お名前、当日連絡のつく連絡先とともに下記のメールもしくはお電話にてお申込みください。
※土日祝は電話にでられない場合がございますので、できるだけメールにてお申込みください。
 メールにてお申込みの場合はこちらからの受付メールをもってご予約完了となります。


けんちくの種
Mail : info@tane-design.jp
Tel : 072-734-6343続きを読む
posted by tane at 11:00| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする

【世界の手仕事布をめぐる旅展 vol.3  ルーマニアのWOOL 展】 ワークショップのご案内

今回は、トランシルヴァニア各地を巡っている谷崎聖子さんが3種類の刺繍のワークショップを開催します!

10/27「カロタセグ地方イーラーショシュのスクウェアバッグ」

日 時:10月27日(土)10:00~12:00 大変申し訳けございません。定員となりました。10/25現在
参加費:講習料 3500円・材料費 3500円

201811ルーマニアのWOOL_WS1.jpg201811ルーマニアのWOOL_WS2.jpg
カロタセグに伝わる刺繍イーラーショシュ。
ヨーロッパでも唯一とされる密で立体的な独特のステッチで
曲線の多い植物模様を刺繍していきます。



自身が現地で収集した結婚式用のアンティーク・ロングクロスを元に、
マチを大きくとってスクウェア形のバッグに仕立てました。
100~150年前の当時独特の美意識が感じられるような図案です。
裏には裏にはルーマニア産の織り生地を使い、
持ち手には、アルコールランプの芯を使用します。
さらに刺繍のテープを開け口で結ぶことができます。

201811ルーマニアのWOOL_WS3.jpg201811ルーマニアのWOOL_WS4.jpg
サイズ 縦30cm 横22cm マチ10cm



10/28「アーラパタク村編みクロスステッチのバッグ」

日 時:10月28日(日)10:00~12:00
参加費:講習料 3500円・材料費 2800円

201811ルーマニアのWOOL_WS5.jpg

トランシルヴァニア地方の特徴とも言える、編みクロスステッチ。
かつては各地で見られていましたが、
特にアーラパタク村の編みクロスステッチは1900年のパリ万博で金賞を博しました。
普通のクロスステッチより、1目分伸ばして刺繍をするので、
まるで編み物のような独特の風合いに仕上がります。



メシュテルケと呼ばれる、端のモチーフを選んで中央に施し、
現地で使用されるクロスステッチ用刺繍糸を使って刺繍します。
ちいさな鳥が向かい合う図案は、祝いの場にふさわしいものとされています。
裏にはルーマニア産の織り生地を使い、
トランシルヴァニアの革職人によるオリジナルの本革持ち手がさらに重厚感を与えます。


201811ルーマニアのWOOL_WS6.jpg
201811ルーマニアのWOOL_WS7.jpg
サイズ 縦20cm 横22cm  マチ4.5cm



10/29「セーク村のアウトライン刺繍のトートバッグ」

日 時:10月29日(月)10:00~12:00 大変申し訳けございません。定員となりました10/21現在
参加費:講習料 3500円・材料費 3000円

201811ルーマニアのWOOL_WS8.jpg

セーク村に伝わるアウトライン刺しゅうは、
現地では「枠刺繍」とも呼ばれています。
布に直接描いた図案を大きな木枠に張り付けて、
上から下、下から上へと針を通します。
古くから飾りベッドのための枕カバーを彩るために、刺繍されてきました。


まるで大木のように伸びたチューリップを中央に置いた、
アールデコのようなモチーフ。
両脇をつぼみが彩る図案を、マチ付きのバッグに仕立てます。
裏にはまるで手織りのような幾何学模様のハンガリー製プリント布を組み合わせ、
持ち手には、アルコールランプの芯を使用します。


201811ルーマニアのWOOL_WS9.jpg201811ルーマニアのWOOL_WS10.jpg
サイズ 縦28cm 横30cm  マチ5cm



※いずれのワークショップも基本的な刺繍の方法を学んでいただいて、ご自宅での完成となります。



ワークショップに参加ご希望の方は、
ご希望の日、ワークショップ名、お名前、当日連絡のつく連絡先とともに
下記のメールもしくはお電話にてお申込みください。
※土日祝は電話にでられない場合がございますので、できるだけメールにてお申込みください。
 メールにてお申込みの場合はこちらからの受付メールをもってご予約完了となります。


けんちくの種
Mail : info@tane-design.jp
Tel : 072-734-6343


posted by tane at 11:00| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

世界の手仕事布をめぐる旅展 vol.3  ルーマニアのWOOL 展 ご案内

201811ルーマニアのWOOL展_no1.jpg


2018/10/27(土)~11/11(日)
11:00~17:00
※10/27はトークショー開催の為、15:00でCloseいたします。ご注意ください。


谷崎 聖子
伝統手芸研究家。ハンガリー文化コーディネーター。
大阪外語大学ハンガリー語学科卒業後、ブタペスト大学フォークロア学科に留学。
ルーマニア・トランシルヴァニア地方で結婚、出産。
夫とともにトランシルヴァニア各地を巡り、伝統的な手仕事の今を取材・紹介。
日本でもトランシルヴァニアの手仕事、農村の文化などを紹介する展示やワークショップも行っている。
また自身も伝統刺繍を学び、製作している。
http://morino-kanata.com/


谷崎 聖子さん在展予定日は、27日(土)、28日(日)、29日(月)となります。
トークショーやワークショップなどもございますので、お楽しみに!!
トークショー、ワークショップの掲載、ご予約は、9月27日からを予定しています。


posted by tane at 11:00| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする