2019年03月09日

2019年03月07日

【世界の手仕事布をめぐる旅展 vol.4 西アフリカのテキスタイル~今に残る伝統布~】トーク&スライド会の様子

残り3日間となりました。。
今回の「世界の手仕事布をめぐる旅展シリーズ」の会期は9日間。
本当にあっという間です。
2日(土)、3日(日)にはSOLOLA鈴木仁美さんのトーク&スライド会を開催しました。



2日(土)ナイジェリア・ヨルバ族のアディレの布、西アフリカの藍染めについて、
SOLOLAの活動を通じてお話していただきました。
西アフリカのテキスタイルno.2.jpg
アディレの布は、キャッサバのでんぷん糊を鳥の羽やほうきの枝につけ、柄を手描きし藍染めします。
今ではごくわずかしか生産されておらず、現地にいっても見つけることが難しい貴重な布だそうです。


アディレの布をはじめて見た時、心が躍りました。。
布から音が聴こえてくるような気がしてなりませんでした。。
キャッサバのでんぷん糊で手で描いた藍で染める前の布もとても美しい。。

ぜひヨルバ藍で染められたアディレの布をご覧ください。



3日(日)ガーナ・エウェ族のケンテの布、ナイジェリア・ヨルバ族のアショ・オケ布について
SOLOLAの活動を通じてお話していただきました。
西アフリカのテキスタイルno.3.jpg
とても大きなケンテの布。。こちらは男性がトーガ風に着るためのものです。
今では結婚式の男性の衣装として受注制作しているそうです。

細幅で織る西アフリカの織物。タテ糸の縞とヨコ糸の縞による独特の市松模様。
その織るスピードがすごい!なんだか歌っているようでした。。

ぜひエウェ族のケンテ布の他にハウサ族のブランケットやバウレ族の布、モシ族の藍染布
マリの泥染めなどもございますのでご覧ください。



西アフリカのテキスタイルno.4.jpg

アフリカの布の世界は大地とともに舞う音を感じます。



posted by tane at 18:37| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

世界の手仕事布をめぐる旅展 vol.4  西アフリカのテキスタイル ~今に残る伝統布~ ご案内

 世界の手仕事布をめぐる旅展 vol.4  
 西アフリカのテキスタイル ~今に残る伝統布~
西アフリカのテキスタイルno.1.jpg

2019年3月2日(土)~3月10日(日)
11:00~17:00  ※会期中お休みはありません。 
                 2日,3日はトーク&スライド会開催の為15:00でCloseとなります。

かつて「染織の宝庫」と呼ばれた西アフリカでは数々の美しい伝統布が生み出されてきました。
時代が進むにつれ、そうした布はどんどん減っています。作り手と共に作った今に繋がる伝統布をぜひご覧下さい。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
SOLOLA鈴木仁美さんのトーク&スライド会
(要予約・定員各10名)

2日(土)「ナイジェリア・ヨルバ族のアディレの布」定員となりました。ありがとうございました
ナイジェリアに住むヨルバ族伝統の藍染め布と西アフリカの藍染めのお話

3日(日)「ガーナ・エウェ族のケンテの布」定員となりました。ありがとうございました.
3/1:9時現在1名様キャンセルありました。お電話にて承ります。

かつて王や貴族だけが身につけた華やかな布、主にガーナで織られる儀礼衣装「ケンテ」のお話

時 間:15:30~17:00  ※開場・受付15:20~
参加費:1000円(ビサップジュース付)

SOLOLA 鈴木仁美
 (在展予定日2日,3日)
沖縄県立芸大で伝統染織を学ぶ。
在学中、アジア、インド、アフリカなどの産地を訪ね現地の染織技法を学ぶ。
国内のテキスタイルメーカーや機屋で服地生産に関わり、
伝統絞り染めの生産元との製品作りなども行う。
2011年より西アフリカ、ナイジェリアにて現地の伝統染織や
手工芸の研究調査・ものづくりを始める。その後各地の生産者と繋がり、
日本でアフリカ伝統染織ブランド「SOLOLA(ソロラ)」をスタートさせる。
※SOLOLAとは、コンゴ川流域で使われるリンガラ語で「話し合う」の意。
http://solola-africa.com/
facebook.com/solola.africa

※トーク&スライド会へ参加ご希望の方は、ご希望の日程・テーマ、お名前、当日連絡可能な連絡先、参加人数を
下記の電話かメールでお伝えください。
お問合せ・ご予約:けんちくの種
MAIL: info@tane-design.jp
TEL: 072-734-6343


posted by tane at 15:15| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする