2017年08月31日

【G・house アクセサリーパーツ展 vol.3『モンスーンアジアの種とボタン』】ワークショップのご案内

繊維造形作家の新田恭子さんと
あばりあみで
葛糸のちいさな袋をつくろう

あばりあみWSno1.jpg

日 時: 9月19日(火)
     13:00~16:00
参加費: 2,000円
(材料代込/ホッと一息タイム付)

※材料にはG・houseのボタンorビーズ付
あばりあみWSno2.JPG
あばりあみとは
「あばり」という道具で一目ずつ糸を結び、漁網を編む技法です。
糸や目の大きさを工夫することで袋物からアクセサリー、
グリーンカーテン用の網まで、様々な用途のものをつくることができます。
あばりあみWSno3.JPG

繊維造形作家 新田 恭子
私の小学生時代の思い出は、自宅の目前に広がっていた海と共にあります。
母の実家の手芸店で編物に親しみ、土曜日に通っていたお絵描き教室で表現の面白さに目覚めました。
大学時代に染織を専攻し、織技法に出会いました。
大学院修士課程進学後に中国の貴州民族学院へ短期留学して、少数民族の染織、民族衣装制作を調査し、
以降機会があると中国や東南アジアで染織の調査をおこなっています。
現在は繊維造形作家として作品制作、ワークショップと発表をおこない、大学非常勤講師の仕事もしています。
http://nitta-knotter.com/

新田恭子さんは今年スピナッツ出版から スピナッツ・できるシリーズ4 として
「新田恭子のフリースタイルあばりあみ」を出版いたしました!
☆「フリースタイルあばりあみ」の魅力が満載です。
☆初心者の方が本書を見ながら独習できるよう、工夫しました。
☆中級者の方のために、様々な応用作品の例も載せています。
☆右利き、左利きどちらにも対応しています。日本語と英語、両表記です。
価格は税込みで540円です。
※ワークショップに参加される方は、これからもどんどん作品を作っていただけますようぜひご覧ください。

お申込みは
けんちくの種:TEL:072(734)6343
       Mail:info@tane-design.jp
posted by tane at 21:12| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

G・house アクセサリーパーツ展 vol.3『モンスーンアジアの種とボタン』 ご案内

Ghousevol.3_no.1.jpg

2017.9.16(土)~ 9.24(日)
11:00~17:00

自然からいただいた種やシェル、つのなどの素材、カレン族のシルバー、陶器など
モンスーンアジアの人々の手からうみだされたパーツやボタンを集めました。
G・house 金家真由美  http://ghouse-acce.com/


今回でこのシリーズも最終回。
様々な素材やモンスーンアジアの人々の手からうみだされたパーツやボタンがたくさん。。。
この機会にぜひご覧ください。

Order&Remake
引き出しの中に大切にしまってある使わなくなったアクセサリーを
今のあなた好みのアクセサリーによみがえらせませんか。。。
作家が在展いたしますので、アクセサリーのオーダーやリメイクなどもお気軽に
ご相談ください。
   9月16日(土)、19日(火)、22日(金)、24日(日) ※終日作家在展予定

Workshop
9月19日(火)13:00~16:00
葛糸であばりあみの予定です。
詳しい内容については後日ご案内いたします。
お楽しみに!!


posted by tane at 20:25| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

【工房風舎 早﨑 勲 ガラス展 vol.3 】ありがとうございました。

暑い中お越しくださいました皆さま、
Blogをご覧いただいて応援してくださっている皆さま、
工房風舎Galleryのエリ香さん、
そして最後に早﨑 勲 さん、
ありがとうございました。

今回はワークショップを断念しなければならなくて残念でしたが、
無事にガラス展を終了することができましたこと、感謝いたします。

早崎勲ガラス展6.JPG
早﨑 勲さんのガラスは、
グラスであれば氷が奏でる音色も素晴らしく、
風鈴は風が奏でる音色がそれぞれに個性がひかり、
照明は光が揺らぐ影が美しく、
器は、彩り涼やかに。。
ガラスは一年を通して使っていただけますが、
この暑い時期には特に涼しげで楽しんでいただけることでしょう。。

ぜひ、京都府南丹市美山町へお出かけの際は、
工房風舎Galleryへお立ち寄りください!
とても素敵な場所。。おすすめです!


※次回の展示イベントは9月を予定しています。




posted by tane at 18:27| Comment(0) | 展示・ワークショップ | 更新情報をチェックする